土地を譲ってくれた両親がくれた注文住宅

長男である為、将来両親の面倒をみなければならなかったので、当初は実家のリフォームを考えていましたが子供のことを考えると1軒屋を建てるのと金額がそう大して変わらなかったことと、妻が両親との同居にまえむきでなかったこともあり、実家に通える場所に家を建てることにしました。

両親が家を建てる土地を譲ってくれることになったので、土地代が殆どかからない状態でしたので、家の大きさを家族全員で話し合いました。
結局、将来兄弟家族や親戚が集まる場所になるからと、予算の範囲内で出来るだけ広い家を建てることになりました。

家を建てる上で、過去に家を建てたことのある上司に相談したところ、会社の取引先で信用の置ける工務店を紹介してくれましたので、工務店はすぐに決定出来ました。
あと予算面では、土地の整地に多少費用はかかりましたが、予算のほぼ9割を建屋に費やすことが出来ましたので、工務店と相談しながら希望どうりの家を建てることが出来ました。

家は一生の買い物と言われますので、出来るだけ過去に家を建てたことが有る人に相談に乗って貰うことが大事だと思います。

工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM